騙されるな!『ZOZOARIGATO』で損しないためのポイントまとめ!

お得情報
スポンサーリンク

こんにちは。アオイ(@aoi_fashion99)です。

 

みなさん『ZOZOARIGATOメンバーシップサービス』に興味があるみたいですね。今かなり話題のサービスです。

 

一見お得なZOZOARIGATOメンバーシップサービスですが、情報に疎いと確実に痛い目を見ます。本当に。

 

ZOZOARIGATOメンバーシップサービス自体は利用する分には悪いサービスではないです。提携企業からしたらどうなのか知りませんが。

 

ただ、ZOZOARIGATOにはいくつか落とし穴がある上に、ZOZOTOWN側が隠しているような節があるので、注意すべきポイントをまとめました。

 

逆にいえば、これさえ気を付ければZOZOARIGATOのメリットを最大限享受できます!

 

ぜひご参考に!

 

以下の記事と内容は被ってますが、本記事は特に注意しなくてはならない点について深掘りしています。

もしかしたらほかの店の方がお得かもよ?

まず確実にチェックしなくてはならないのが、欲しい商品が本当にZOZOARIGATOを使うことで最安値になるのか?という点です。

 

クーポンを利用している方であればわかると思うんですけど、クーポンが出ている間は、価格の低い商品は掲載されないんですよね。

それに似たようなことが起きる可能性はなくはないです。例えば、ほかのオンラインショップが30%OFFで提供している商品がZOZOTOWNだと10%OFFで販売している、という状況もあり得ると思います。

もし欲しい商品がある場合は他サイトとの比較を忘れずに!

ちなみに、大手セレクトショップであれば楽天が問答無用で安いことが多いです。

 

既存会員は30%OFFではない!

これは騙される人が多いみたいですね。ZOZOにログインしない状態で見ると、初月30%OFFと書いてあります。

でも、30%OFFになるのは『ZOZOTOWNに新規会員登録かつ、ZOZOARIGATO加入の方』のみです。

既存会員の方は初月とか関係なく10%OFFでしかないです。

 

複数アカウントは規約で禁止されている!

既存会員が30%OFFではないという話を聞いてまず思いつくのが新アカウントを作ること。これは規約で禁止されているので注意が必要です。

第14条 禁止事項

利用者は、以下の行為を一切行ってはならないものとします。万一、これに違反して当社又は第三者に損害が生じた場合、当該利用者がその損害を全て賠償する責任を負うものとします。

(1) 他の利用者、他の利用者以外の第三者、若しくは当社に迷惑、不利益若しくは損害を与える行為、又はそれらのおそれのある行為
(2)他の利用者、他の利用者以外の第三者、若しくは当社の著作権等の知的財産権、肖像権、人格権、プライバシー権、パブリシティ権その他の権利を侵害する行為又はそれらのおそれのある行為
(3) 本サービスを商業目的で利用する行為(但し、当社が予め認めたものは除きます。)
(4) 公序良俗に反する行為その他法令に違反する行為又はそれらのおそれのある行為
(5) 虚偽又は誤解を招くような内容を含む情報を登録する行為
(6)本サービスを通じて入手したコンテンツを利用者が私的使用の範囲外で使用する行為
(7)他の利用者、又は他の利用者以外の第三者を介して、本サービスを通じて入手したコンテンツを複製、販売、出版、頒布、公開及びこれらに類似する行為
(8)他の利用者の個人情報を収集、蓄積又は保存をする行為
(9)コンピューターのソフトウェア、ハードウェア、通信機器の機能を妨害、破壊、制限するように設計されたコンピューターウィルス、コンピューターコード、ファイル、プログラム等のコンテンツを本サービスにアップロードしたり、メール等の手段で送信したりする行為
(10) 同一会員が複数の会員登録をおこなう行為(パソコン、携帯電話又はスマートフォン何れから複数登録する行為も含むものとします。但し、当社が予め認めたものは除きます。
(11) 過度に商品を返品する行為
(12) その他当社の信用を毀損・失墜させる等の当社が不適当であると合理的に判断する行為

出典:ZOZOTOWN

結構なお金が関わることなので、調べ上げられてあとから請求されるという危険性もなくはないです。ZOZOに入っていない方に頼むのが無難です。

 

期間が満了するまで退会はできない!

これも規約に書いてあります。

第7条 (本サービスの退会予約申請及びその撤回)
1.本会員は本サービスについて、契約期間中において、当社所定の手続を経て、契約期間満了をもって退会する退会予約申請をすることができます。この場合、本サービスの契約期間の満了日をもって本会員の資格を喪失するものとします。
2.前項の規定にかかわらず、月間利用サービスを選択した本会員は、本サービスの登録日から起算し7日間は本サービスの退会予約申請はできないものとします。
3.本会員は契約期間中において、当社所定の手続を経て、第1項の退会予約申請を撤回することができます。
4.本会員は本サービスについて契約期間の満了前に本サービスを退会することはできません。よって、当社はいかなる場合も本会員が支払済みの利用料金を返金する義務は負いません。
5.本会員が本条に基づき本サービスを退会した場合、退会日から起算して90日間は本サービスの月間利用サービスは再登録ができません。

出典:ZOZOTOWN

つまり、途中で嫌になてもやめられません。月額でも、年額でも、期間が終わるまで大会はできないとされています。また、誤加入でもきっちりとお金を取られるみたいなので注意!

 

一度退会したら90日間は再加入できない!

第7条 (本サービスの退会予約申請及びその撤回)
1.本会員は本サービスについて、契約期間中において、当社所定の手続を経て、契約期間満了をもって退会する退会予約申請をすることができます。この場合、本サービスの契約期間の満了日をもって本会員の資格を喪失するものとします。
2.前項の規定にかかわらず、月間利用サービスを選択した本会員は、本サービスの登録日から起算し7日間は本サービスの退会予約申請はできないものとします。
3.本会員は契約期間中において、当社所定の手続を経て、第1項の退会予約申請を撤回することができます。
4.本会員は本サービスについて契約期間の満了前に本サービスを退会することはできません。よって、当社はいかなる場合も本会員が支払済みの利用料金を返金する義務は負いません。
5.本会員が本条に基づき本サービスを退会した場合、退会日から起算して90日間は本サービスの月間利用サービスは再登録ができません。

出典:ZOZOTOWN

これですね。

ZOZOARIGATOを使いたいときだけ加入すればいいじゃん!ということはできません。

期間が満了するまで退会できないことを考えると、月額会員であれば、一度加入してから退会し、再度加入するまで120日はかかる計算です。1シーズン超えますね。たぶん狙ってます。

 

29日以降の登録は損!

毎月29日以降の加入の場合、期間満了は翌月27日となります。微妙に損になるのでお気をつけて!

第2条 (本サービス)
第4条に定める会員登録手続きを行った会員(以下、「本会員」といいます。)は、本サービスについて以下の種類から選択します。

(1) 月間利用サービス
契約期間 登録日から起算して一ヶ月間とします。
但し、29日以降に登録した場合、翌月27日までとします。
契約期間が満了する日までに第7条に定める退会予約申請が無い限り、一ヶ月間自動更新し、以後同様となります。
利用料金 500円(税別)
支払い時期
(課金時期) 本サービス登録時においては本サービス登録時とし、本サービスを自動更新した場合については、契約期間満了日の翌日とします。
(2) 年間利用サービス
契約期間 登録日から起算して一年間とします。
但し、29日以降に登録した場合、翌年27日までとします。
契約期間が満了する日までに第7条に定める退会予約申請が無い限り、一年間自動更新し、以後同様となります。
利用料金 3,000円(税別)
支払い時期
(課金時期) 本サービス登録時においては本サービス登録時とし、本サービスを自動更新した場合については、契約期間満了日の翌日とします。

出典:ZOZOTOWN

 

値引き特典は月5万円まで!

こんなに使う人も少ないとは思いますが、一応。10%OFFであれば50万円、30%OFFであれば16万円くらいまでが値引きの限界です。

 

ZOZOTOWNと提携するブランドが減っていくかも?

ZOZOARIGATOが発表されてからオンワードなどがZOZOから撤退しましたね。このようなことがこれからも起こる可能性があります。

どんな商品でも10%OFFというのはどこかに負担がかかっているということでもあり、ブランドとしてはイメージを損なう可能性もあることです。

そのため、欲しいものがある場合は早いうちに買ってしまうのが得かと思います。

 

サービスが突然終わる可能性も!

昔ゾゾプラチナムという有料会員サービスがあったり、送料自由化があったりといろいろなサービスがかつてはありました。でも、今はありません。

それと同じことが起こる可能性は十分にあります。

 

もし、突然サービスが終了しても会費は返還されないらしいのでその覚悟は必要です。

 

私の見解

私の見解としては、うまく使えば得なサービスで、私としては活用すべきサービスだと考えています。サービスが破たんする前にしゃぶりつくします。

でも、これだけお得に見えるサービスということは必ずどこかにしわ寄せがきているはずです。情報に疎い方や、各ブランドがそうでしょう。

こういったサービスは細心の注意を払った上で最大限活用するのが私のおすすめです。

 

最後に

ZOZOARIGATOメンバーシップサービスは良くも悪くも話題のサービスです。

サービスは使い方次第なので、くれぐれも自己責任でご利用ください!

 

あなたがお得に買い物ができることを願っています!

 

では!

もし、この記事が役に立ったよ!という方はtwitterのフォローをしていただけると泣いて喜びます。これからもお役立ち情報などをシェアしていくのでよろしくお願いします!

コメント

  1. T より:

    やっぱりこんなカラクリが・・・
    既に会員登録していて、頻繁には利用しない人(恐らく現在ZOZOを利用している大半)
    大して旨みが無いサービスのようですね
    10%程度なら、他のショップの方が安く買える気がしますし
    新規との待遇格差を感じてしまいます
    多数派である古参ユーザーや参加ブランドが離れていったら
    元も子もないような気がするのですが
    ZOZOの社長はよくわかりません。

    • アオイ アオイ より:

      コメントありがとうございます!

      私としては、サービスを有効利用できる自信のある人は「サービスの有効性が確認できている間」は積極的に利用すればいいと考えています。

      ただ、ZOZO側の(少し悪意のある?)サービスの宣伝方法を見ると、全員がハッピーになるとは正直思えないです。
      ユーザ側の振る舞いとして一番お得なのは、価格等確認した上で、ブランドに逃げられる前にサービスを使い倒すことかと。笑 (目先の損得のみの話をするなら、ですが)

      このキャンペーンで離れてしまうようなブランドや顧客は切り捨ててしまっても問題ない、とZOZOは考えているんですかね~?
      もしかしたら、これからもっと過激なことをするのかも?とか妄想してしまいます。