Iライン?Vライン?Aライン?ファッションのシルエット構築のキホンのキ!

おしゃれのノウハウ
スポンサーリンク

こんにちは、アオイ(@aoi_fashion99)です。

 

この記事は、おしゃれになるためにはどうしたらいい?と悩んでいる人にとって、最初の一歩目となる記事です。

とっても大事なので、よーく読んでくださいね。

 

この記事では、ファッションにおけるシルエット構築の基本についてご説明します。具体的には以下の通り。

  • なぜシルエット構築が必要なのか?
  • どのようなシルエットがあるか?

この記事を読むことであなたは、ファッションにおけるシルエット構築の基本を身に着けることができます。

 

これが何を意味するか。シルエット構築はファッションにおける基本原則といってもいいです。

シルエット構築の基本を習得することによって、あなたのファッションのスタイリングにおけるバランス感覚が養われ、スタイリングの失敗が格段に減ります。

 

これは保証できます。今シーズンのトレンドを読み漁るよりもよっぽど有意義な情報を与えます。

 

理系大学院生の私が体系的にまとめたので、かなり有効なはずです。

 

※初心者がおしゃれになるための手順を知りたい方はコチラから。

ファッション初心者がおしゃれになるための方法を完全解説します。
この記事では、あなたがおしゃれになるための方法を道筋を立てて完全に解説をします。あなたがこれらのコンテンツを実践できたのであれば、ファッション初心者であっても間違いなくおしゃれになっています。

 

なぜシルエット構築が必要なの?

『人は一定のルールの下で思考したほうがイメージが浮かびやすいから』

ほかのブログには書いていませんが、これは結構重要な要素です。

 

コーディネートを考える際にも、自由にコーディネートをしろと言われるよりも、一定のルールに当てはめてコーディネートを組むほうが簡単じゃないですか?

 

ここで『オリジナリティが~』とかいうのはナンセンスです。ファッション初心者の方は一定の型の中でオリジナリティを出すべきです。

料理とかも同じですよね?料理が下手な人は、基本を守らずに変にオリジナリティを出して失敗します。

 

ファッションにおいても守るとコーディネートが失敗しづらくなる基本原則というものが存在します。

 

その一つが『シルエット構築』です。

 

なんでそのシルエットがいいのか、という点は謎ですが(経験則かな?)、今回ご紹介する3種類のシルエット構築方法はトレンドに関係なく有効な普遍の原則です。

要するに、今回紹介する3種類のシルエットは、どんな時代においてもそれなりにおしゃれに見せやすい、ということです。

 

シルエット構築の大切さ、もといファッションの基本原則を知り、守ることの大切さを伝えたところで具体的な話をしていきましょう。

 

覚えるべきは3種類の基本のシルエット

どの時代においても語られる基本的なシルエットは3種類です。

 

  • Vライン(上半身にボリュームがあり、下半身のボリュームを抑えたシルエット)
  • Iライン(上半身のボリュームを抑え、下半身のボリュームも抑えたシルエット)
  • Aライン(上半身のボリュームを抑え、下半身にボリュームがあるシルエット)

 

 

Aライン、Vライン、Iライン

 

絵心が無いなりにイラストにしてみました。

この3種類のシルエットに関しては必修知識だと思ってください。

 

もしかしたら、これらの知識を知らないおしゃれさんもいるかもしれません。でもそれは参考にしちゃだめです。

なぜならば、その人のセンスだからできることであって、再現性がないから。

 

とにかく、自分がファッション初心者である、という自覚があるうちはこの3種類のいずれかのシルエットにコーディネートを収めるようにしましょう。

 

Vラインは上半身と下半身のメリハリが重要!

Vラインは『上半身のボリューム:大』かつ『下半身のボリューム:少』となるシルエット

 

Vラインは上記のようなシルエットのことです。『V』の文字と同じシルエットをしているということがわかりますよね。

 

 

上半身にボリュームを持たせるためには、いくつかの方法があります。

大きいサイズの洋服を着用する方法、膨張色の洋服を着用する方法、モコモコした素材のアイテムを着用する方法、面積の大きい洋服(コートなど)を着用する方法が代表的。

 

一方、下半身のボリュームを抑える方法もいくつかあります。

ぴったりした(スキニー)もしくは先が細い(テーパードした)ボトムスを着用する方法、収縮色のボトムスを着用する方法、ボリュームのない靴を着用する方法、パンツと靴の色を合わせる方法が代表的。

 

これらのうちの複数の要素を組み合わせることによって、Vラインは完成されます。

 

基本的には『物理的に』ボリュームを出したり抑えたりするか、『視覚的に』ボリュームを出したり抑えているように見せるかの2択になります。

 

Vライン例

 

簡単なのは、物理的にボリュームをコントロールすることです。

大きめのトップスやロングコートと細めのパンツに、ボリュームのない靴を合わせるのが最も難易度が低く失敗しづらいです。

 

先端は視線が集まるため、そこにボリュームを持たせるとVラインとして成立しづらいです。

 

ちなみに、視覚的にボリュームを調整するには視覚効果を用います。視覚効果に関しては、以下の記事でも解説しているのでご参考までに。

 

 

 

Iラインはピチピチ厳禁!

Iラインは『上半身のボリューム:少』かつ『下半身のボリューム:少』となるシルエット

 

Iラインは、上半身も下半身もボリュームを抑えた細身のシルエットです。これも『I』の文字通りですね。

 

代表的なのはスーツスタイルです。ジャケットもパンツもジャストサイズですよね?色も統一されていて、ボリューム感はそこまで感じないはず。

 

 

さて、Iラインに関してもどのような洋服を着用するべきか触れましょう。

 

上半身のボリュームを抑える方法は以下の通り。

ジャストサイズの洋服を着用する方法、収縮色の洋服を着用する方法、トロっとした落ち感のあるのアイテムを着用する方法、ボリューム感のないアイテム(短丈など)を着用する方法が代表的。

 

一方、下半身のボリュームを抑える方法はVラインと同じ。

ぴったりした(スキニー)もしくは先が細い(テーパードした)ボトムスを着用する方法、収縮色のボトムスを着用する方法、ボリュームのない靴を着用する方法、パンツと靴の色を合わせる方法が代表的。

 

Vラインのトップスを変えるだけで、Iラインという新しいシルエットのコーディネートが完成します。簡単でしょう?

 

でも、一つだけ注意してください。ここを勘違いすると大失敗。

 

選ぶべきは『ジャストサイズ』であって、『ピチピチ・ピタピタ』ではない!!

 

Iライン例

 

絶対に守ってくださいね。パンツは別にスキニーだってかまいません。

でも、せめてトップスがピチピチなのはやめてください。変態なので。

 

あくまで、アイテム選びはジャストサイズの範疇で納めましょう。それで物足りない場合は、視覚効果を利用してくださいね。

 

Aラインはタックインで楽々!

Aラインは『上半身のボリューム:少』かつ『下半身のボリューム:大』となるシルエット

 

Aラインは、上半身のボリュームを抑え、下半身にボリュームをもたせたシルエットです。これも『A』の文字通りですね。

 

Aラインに関しては、今までは男らしい着こなしが多かったものの、ワイドパンツの台頭により印象が変わり、モダンなイメージになりましたよね。

特に、レディースでの浸透具合がすごい。これはワイドパンツが楽なのも要因の一つでしょうね。

 

 

もうお分かりかとは思いますが、Aラインを構築するためにどうすればいいかを見ていきましょう。

 

上半身のボリュームを抑える方法はIラインと同じ。

ジャストサイズの洋服を着用する方法、収縮色の洋服を着用する方法、トロっとした落ち感のあるのアイテムを着用する方法、ボリューム感のないアイテム(短丈など)を着用する方法が代表的。

 

一方、下半身にボリュームを持たせる方法は以下の通り。

ワイドパンツを着用する方法、膨張色のボトムスを着用する方法、ボリュームのある靴を着用する方法、トップスをパンツにタックインする方法が代表的。

 

 

 

Aライン例

 

ここで見てほしいのが、トップスをパンツにタックインする方法。

トップスをパンツにタックインすることによって、トップスの面積が少なくなることでボリュームが抑えられ、パンツは逆にボリューミーに見えます。

 

タックインに関してはワイドパンツでないと難易度が高いので、ワイドパンツならではのテクニックですよね。

 

でも、タックインはとおしゃれ感を出しやすい反面、初心者の方からするとハードルが高いですよね。

 

安心してください、タックインの方法も私が指南しますので。

 

 

まとめ:何事もまずは型にはまるところから!

本記事のまとめは以下のようになります。

Vラインは『上半身のボリューム:大』かつ『下半身のボリューム:少』となるシルエット

Iラインは『上半身のボリューム:少』かつ『下半身のボリューム:少』となるシルエット

Aラインは『上半身のボリューム:少』かつ『下半身のボリューム:大』となるシルエット

 

ファッションなんて自由じゃん!と思われるかもしれませんが、おしゃれになる近道は『まずは型にはまること』です。

 

『守破離』という言葉があるように、まずは型を守りましょう。そのうえで少しずつ自身のオリジナリティを出せばいいんです。

 

少しずつでもいいので着実に進みましょう。結果的にそれがおしゃれになるための近道になります。

 

※初心者が0からおしゃれになる方法は以下の記事でまとめています。

ファッション初心者がおしゃれになるための方法を完全解説します。
この記事では、あなたがおしゃれになるための方法を道筋を立てて完全に解説をします。あなたがこれらのコンテンツを実践できたのであれば、ファッション初心者であっても間違いなくおしゃれになっています。

コメント