寒くなるよ!マフラー・ストールの素材と選び方!

ファッション小物
スポンサーリンク

マフラー・ストールの選び方、教えます!

最近ぐっと寒くなりましたね。

 

そろそろ冬物を準備したいという方も多いのではないでしょうか?

 

首を暖かくするといい防寒になります。

 

ということで今回はマフラー・ストールについての記事です。

 

今回は、選び方がさっぱりわからない方、似たようなのが多いけど違いがわからない方などに向けて冬物のマフラー、ストールについて解説していきます!

 

選び方

というわけでさっそくマフラーとストールの選び方を見ていきましょう。

マフラーとストールの違い

ところで、マフラーとストールの違いってわかりますか?

 

一応の定義としては、

マフラーが防寒用の巻き物、ストールがもともとは肩掛けとして使われていたものです。

ストールは春用とかもありますよね。

 

しかし、正しい定義というのは時として役に立たないものです。

 

今回はネットなんかで冬用の巻き物の探そうとするときに参考になる違いをお教えします。

 

それは、

“細く地厚で短いものがマフラー、太く薄手で長いものがストール”

という呼び分けです。

 

おそらくZOZOTOWNなんかで探そうとするときにはこれです。

 

巻いた時の印象は、マフラーの方がボリュームがなく、ストールは巻いたときにボリュームが出ます。

素材

使われる素材は大きく分けて、アクリル、ウール、カシミヤ、その他の毛です。それらのうち、1種類ないし複数種類が混合されています。

 

アクリル

アクリルは人工的につくられた繊維で、柔らかく暖かいのが特徴です。コストも安いので低価格なものによく使われています。また、発色もいいものが多い印象です。

 

じゃあアクリル製でいいじゃん、と思われる方もいるかと思います。

でもそんなにおいしい話はないんです。そう、デメリットもあります。

 

機能性が低いんです。

まず、化学繊維なので吸湿性がないです。蒸れたり汗冷えしたりします。

あとは、静電気が起きやすかったり、毛玉ができやすいです。高級感も動物の毛のものには劣ります。

 

ウール

ウールはそのまま羊の毛のことです。定番ですね。

ウールはアクリルと比べると蒸れにくかったり汗冷えしづらかったりします。
さらに、毛玉ができても取れやすかったり汚れが付きづらかったり静電気が起きづらかったりします。(長い)

 

機能面においてアクリルを圧倒してます。

 

ただ、ウールは動物の毛ということが弱点でもあります。まず、ウールは虫に食われます。オフシーズンも油断できません。

 

また、ウールの品質はピンキリです。

安物だとチクチクすると感じると思います。

 

高いものとの差はなんなのでしょうか?

 

答えは繊維の細さです。

 

細い繊維を使って作られたものほど肌触りがよく、光沢感があります。高級感があります。もちろん高くなりますが。

 

ウールの繊維の話は長くなりそうなので今日はこの辺で終わりにしておきましょう。これだけで記事が一本書けちゃいます。

 

カシミア(カシミヤ)

繊維の王様、カシミアです。カシミアの毛って何の毛か知らない人もいるんじゃないですかね?

 

カシミアはカシミアヤギという中国やモンゴルに住んでいるヤギの毛のことです。

ウールよりもさらに毛が細いです。

 

このことから、カシミヤの生地は独特のぬめり感、柔らかさがあります。肌触りがめっちゃいいです。

ただ、残念ながら生産量が少ないこともあって、めっちゃ高いです。いいものが高いのは仕方のないことですね。

 

あと、ウールよりもさらに虫に食われます。いいものほど虫に食われます。

虫ですらわかる上質さということです。

 

その他の毛

その他の毛、ってざっくりしてますね。

 

話がそれますが、洋服のタグで”毛”って見たことないですか?あれってなにかしらの動物の毛ってことらしいですよ。はたして何が使われているのやら…

 

ただ、私が言っている”その他の毛”というのはそういうことではないです。

アルパカやアンゴラといった動物の毛です。それぞれに特徴があります。この話も長くなりそうなので割愛しますね~。

 

一応ウールと比較すると高価なことが多いです。参考までに。

柄もいろいろありますね。主なものは無地、ストライプ柄、チェック柄、アーガイル柄、フェアアイル柄といったところでしょうか?

印象としては無地が一番大人っぽく見えて、フェアアイル柄が一番かわいく見えるのではないでしょうか?

 

柄についても話すと止まらないので別記事にします。(笑)

 

結局何がいいの?

今までの話を総合して私のお勧めをお話しします。私は小物にお金をかけるべき派ということを念頭においてお聞きください。

 

私は、お金に余裕のない方にもウール100%の無地のストールをお勧めします。これにはいくつか理由があります。

まず、ウール100%のものを勧めるのは、数年使えるもので、毎日巻くこともあり得るからです。

 

また、マフラーでなくストールなのは、ストールの方がボリュームが出るからです。

カジュアル用途においては、顔周りにボリュームを持たせた方が良いことが多いです。(小顔効果など)

 

更にいうなら、顔周りに安っぽいものを置くと全体が安っぽく見えがちなので安っぽくないものの方がいいと思っています。

 

柄も毎日巻くことを考えると無地の方が良いでしょう。

 

以上の理由から、お金のない方にもウール100%の無地のストールをおすすめしています。

 

また、お金に余裕のある方にはカシミア製のストールをお勧めします。

やはり温かいですし、高級感が違います。

 

柄は1枚目であれば無地、2枚目以降は違う色の無地か、柄に挑戦してもよいでしょう。

 

これが私のお勧めです。

 

お手入れについて

最後にお手入れについてお話ししたいと思います。

 

せっかく良いものを購入してもお手入れをしなければすぐにダメになってしまいます。また、良いものは繊細でだめになりやすいものが多いです。

ですので、正しいお手入れ方法を知って長持ちさせましょう。

 

日々のお手入れは洋服ブラシを使ってブラッシングしてあげてください。毛流れに逆らって汚れを掻き出し、最後は毛並みを整えてあげてください。これだけでも毛玉ができにくくなります。

 

また、シーズンの終わりにはクリーニングに出してあげてください。汚れをためたままだと変色の原因となります。

 

そして、オフシーズンには防虫剤と一緒に保管してください。不織布に包んであげるのがベストでしょう。

 

以上のことを守れば、いつまでもよい状態で着用ができるのではないでしょうか。

 

まとめ

なんだかすごく説明口調になってしまいましたが、要点をおさらいします。

 

・基本的にはウール100%の無地のストールがおすすめ
・余裕のある方はカシミア製に手を出してもいいかも、、、?
・お手入れはちゃんとしましょう

 

ということです。

 

今回は知識的な部分がかなり多かったと思います。今度具体的なアイテムのおすすめも紹介しますね!

 

ではでは!

 

 

コメント