レショップの新ブランド『LE』のストライプシャツをレビュー!

ファッション定番品
スポンサーリンク
アオイ
アオイ

LEの新作のシャツを早速レビューします!

 

こんにちは、アオイ(@aoi_fashion99)です。

 

あなたも興味ありますよね?

ベイクルーズが運営するセレクトショップ『レショップ』と、日本を代表するドメスティックブランドである『COMOLI』のデザイナー小森さんがタッグを組んで生まれた新ブランド『LE』。

 

今回、そんな『LE』の第2弾のアイテムである、ストライプシャツを購入したのでレビューしていきます。

 

実物は表参道でしか見ることができないため、いろいろ気になる点もあると思います。

今回は生地感やサイズ感など、『実物を見なくてはわからないニュアンス』などに関してもお伝えしていきます。

 

▼『LE』というブランド自体を詳しく知りたい方は以下の記事から!

コモリとレショップの新ブランド『LE』とは? LEから見える洋服の新しい形
レショップがコモリとタッグを組んでオリジナルブランドを展開しだしたらしい! どんなブランドか気になる! アオイ サイズ展開とか含めて独特だから解説します! ...

 

なぜLEのストライプシャツを購入したのか?

まずは簡単に、なぜ私がLEのストライプシャツを購入しようと思ったのかについてお話します。

 

私がLEのストライプシャツを購入した決め手は、『ワードローブの1アイテムとして申し分ない』と考えたためです。

これじゃあ抽象的ですね。もう少し詳しくお話します。

 

ワードローブに入れるアイテムを探していた

ここ最近、『私にとっての理想のワードローブは何か?』について考えていました。

 

▼このことについては、以下の記事に詳しく書いています。

洋服でスタイルを表現するための『ミニマリスト的ワードローブ』を構築する
私自身の理想のワードローブを構築するための決意表明がメインです。 洋服好きの私がなぜ『ミニマリスト的ワードローブ』を構築しようと考えたのか、記します。 ワードローブにどんな洋服を含めるか悩んで...
ファッションブロガーの私が選ぶ『スタイルを表現する50のワードローブ』
アオイ 自分のスタイルを表現するためのワードローブを50個考えてみました! この記事は設計図のようなものなので、随時更新していきます! この記事では、私の考える "私自身のための...

 

私にとって理想のワードローブを考えたとき、ストライプシャツは絶対に必要なアイテムの一つでした。

それで、ストライプシャツをいろいろ見ていたわけです。

 

最初は、BROOKS BROTHERS のようなアメトラ名品シリーズや、 Comme des Garcons SHIRT のクレイジーパターンものを考えていました。

 

しかし、アメトラ名品シリーズは質と価格は良いものの、私の体型だとどうしても野暮ったくなってしまいます。

Comme des Garcons SHIRTに関しては価格に難があるのと、モノとしては格好いいものの自身が着るイメージができませんでした。

 

そんなこんなで、いろいろと『ちょうどよい』シャツを探していて、見つけたのが今回ご紹介する LE のストライプシャツなわけです。

 

実は私、LE というブランドは立ち上がり当初から知っていました。

第一弾の白シャツやナイロンパンツに関しては実物も店舗で見ていました。その時は結局買わなかったわけですが。

 

そして少したってから、第2弾でストライプシャツが展開されると知りました。

きれいな生地と作りでありながらシルエットはカジュアル、でも野暮ったくはない。かなりドンピシャ。

 

店舗に赴く時間が取れなかったため、オンラインで購入しました。

第一弾は見ていますし、オンラインショッピングは慣れているので、不安はありませんでした。

 

と、こんな経緯で購入したわけです。

これから本題に入っていきますね。

 

購入した色は?サイズは?

今回購入したLEのストライプシャツには、『9サイズ・2色』が存在します。

つまり、18通りの選び方があるわけです。

 

サイズは縦(ショート・スタンダード・ロング) と、横(スリム・スタンダード・ワイド)各3種類

ストライプ柄は、コントラストの強い『ブルー×ホワイト』と、柔らかい印象の『ライトブルー×ホワイト』2種類があります。

 

私が購入したのは、『縦がショート横がスタンダード色はライトブルー×ホワイト』のもの。

理由は以下の通りです。

 

ゆったりしていても野暮ったくならないようにショート丈を選択

LEのシャツなんですが、サイズに特徴があります。

袖を長めに作ってあったりするなど、どの身長の人でも全サイズ着ることができるような寸法をしているんです。

 

私としてはある程度カジュアルに着たかったため、横のサイズはジャストサイズである最小サイズのスリムではなく、スタンダードを選択しました。

インナー用途も考慮に入れると、ワイドでは大きすぎますし、カジュアルになりすぎます。

 

横幅がスタンダードでもそれなりに余裕のあるサイズ感で、袖も長めであるということを考慮に入れ、着丈は一番短いショートを選択しました。

着丈が長くなると、私の場合は短足に見えたりだらしなく見えたりすることも理由の1つです。

 

色は自分に似合いそうな『ライトブルー×ホワイト』を選ぶ

色なんですけど、第一印象としてはコントラストの強い『ブルー×ホワイト』の方が好みでした。

ただ、コントラストの強いはっきりとした柄って、似合わないことが多いんですよね、私。

 

パーソナルカラーとかが関係するのかもしれませんが、やさしめの色の方が似合います。

ワードローブに入れることを考えると、似合うことや使いやすいが重要だと考え、やさしい印象の『ライトブルー×ホワイト』を選びました。

 

寸法や生地感はネットで見ただけでしたが、最良の選択ができました。

このように、自分に何が似合うのか、どう見せたいのかを考えながらアイテムを選ぶとネットショッピングでも失敗しません。寸法も慣れれば身体との対応付けができるようになりますよ。

 

LEのストライプシャツの実物を見ていこう!

全体感

▲全体としてはこんな感じ。

身幅やアームホールにゆとりがあるものの、着丈は短めで、首回りも大きすぎません。普通のシャツではあまりないサイジングですよね。

 

▼以下の写真を見るとより分かりやすいかもしれません。アームホールと脇下の長さの比率がすごい。笑

 

また、サイジング以外のディテールに関しては、かなりベーシックです。

LEのブランドコンセプトが色濃く反映されています。あくまで白米のような洋服です。

 

以下では、シンプルながらこだわりの見えるディテールたちを見ていきます。

 

生地・ボタンは?

LEのストライプシャツの記事・ボタン

▲上の写真を見れば、LEのストライプシャツのディテールがあらかた分かりますね。笑

全体的に、基本に忠実なディテールです。

 

まず生地ですが、200番双糸を使用しています。

正直、生地に関してすごく詳しいわけではないですが、素材としては高級なシャツに使うような番手ですね。番手が大きいほど細い糸を使っています。

 

触り心地はかなりサラッとしており、落ち感があります。細い糸なだけあり、薄手です。

薄手といっても、柄がストライプなので透けるとかはないかと思います。

白シャツだと透けてたかもですね。

 

前立ては隠れていないタイプです。ストライプなので分かりづらいですが。

 

ちなみに、ボタンは厚手のプラスチックボタンです。

貝じゃないの?と思うかもしれませんが、アメトラの大御所のシャツは耐久性を高めるために敢えてプラスチックボタンを使ったりもします。

第1弾のシャツがブルックスブラザーズをモチーフにしていることを考えると、これもそうでしょう。

LEがモチーフにしているアイテムは、現状アメリカブランドですしね。

 

ブランドタグ

LEのタグ

▲小ネタになりますが、LEのブランドタグも地味に凝ってます。これ刺繍されているんですよね。

 

洗濯物表示

LEの洗濯物表示

▲洗濯物表示。手洗いのアイロンは低温です。

 

アオイ
アオイ

今思ったけど、これだけ優しいケアを求めるなら貝ボタンでもよかったのでは?笑

 

 

生地の柄合わせをしっかりとやっている

LEのストライプシャツの生地

▲前立ての存在が分からなくなるくらい、生地の柄が合っている。

 

このシャツを見てて思うのが、生地と生地が重なる部分の柄がぴったり合っているんですよね。

前立てもそうですし、肩と袖の境目のストライプ柄もきれいに合っています。

 

低価格帯のシャツだとその辺が適当だったりしますよね。

よく見ないとわからないことだったりはするのですが、個人的にはシャツに統一感? が出るので好きです。

 

例えるなら、クレイジーパターンだとカジュアルに見えるじゃないですか。柄がきれいに合わさっているということはその逆で、きれいな印象を与えられるわけです。

 

実際に着てみた!

とまあ、LEのストライプシャツのディテールの紹介はこれくらいにしましょう。伝えるべきことはあらかた伝えました。

 

以下では、私が実際に着てみた感じをご紹介していきます。

参考までに、私は172cm・52kgのやせ形で、身幅がスタンダード、着丈がショートを着用しています。

 

▼正面

LEのストライプシャツの着画

 

▼横

LEのストライプシャツの着画

 

▼後ろ

LEのストライプシャツの着画

 

ゆとりのあるサイズ感ながら、着丈は長すぎないのが分かります。

袖も長めなものの、生地に落ち感があることもあり、カフスの上できれいに溜まっています。

 

横から見たときのシャツの広がり方もきれいですよね。

ゆとりがあるので、中にタートルネックを着るなどの重ね着をしてもいいかもしれません。

 

LEのシャツに大満足!でも、デメリットは…?

私としては狙ったサイズ感で予想通りのものが届いたため、満足しています。

 

ただ、良い点しかない洋服なんて存在しません。いくつか難点をお話していきます。

 

サイズ選びが難しい上に取扱店舗が限られている

豊富で独特なサイズ展開は、自由度の高いサイズ選択を可能とする代わりにサイズ選択の難易度が跳ね上がります。

 

よほどネットショッピング慣れしていて、私のように寸法を見れば着用イメージが湧くような方でないとネットで購入するのはリスキーかもしれません。

しかしながら、試着できる店舗はレショップの青山店のみです。地方に住んでいたら試着すること自体出来ないでしょう。

 

そんなわけで、自分にとっての理想のサイズが分からないとサイズ選択が難しいのが難点の一つ目です。

 

どのサイズでも袖丈が長く、インナー向きではない

身長が高いわけではない私は、このことが結構気になりました。

ゆったり目のサイズを選ぶのであれば袖丈が長くても問題ないですが、ジャストサイズを着るのであれば袖丈はもっと短いほうが好ましいです。

 

LEのシャツはあくまで着丈と身幅を選択できるだけ。袖周りは選べません。

LEのシャツの袖丈をジャストで着るには、180㎝くらいは必要なのではないでしょうか?

 

もしジャストサイズのシャツが欲しいのであれば、他ブランドのシャツを探した方がいいです。

 

また、同じ理由でインナーには向かないと思います。

 

結局 LE のストライプシャツは『買い』なのか?

ベーシックだけどちょっと変わっているシャツが欲しい人にとっては『買い』です。

基本に忠実なディテールながら、自分の好みの身幅と着丈を選べるので、市場にあまりないようなシルエットのシャツを手に入れることができます。

 

逆に、ディテールもサイズもベーシックなシャツが欲しいのであれば他のブランドで買ったほうがいいです。

LEのシャツはよくも悪くもサイジングがモダナイズされています。

完全に王道ど真ん中なシャツを購入するのであれば、名門シャツブランド等から選んだほうが幸せになれるんじゃないかなぁ、という印象。

 

まとめ:レショップ初のオリジナルブランドに触れてみてはいかが?

以上、レショップ初のオリジナルブランド『LE』の第2弾、ストライプシャツのレビューでした。

 

着方に明確なイメージさえあれば、男女問わずに着用できる名品であることは間違いないので、あなたも挑戦してみたはいかがでしょうか?

 

では!

 

▼私の Twitterではブログの更新情報に加えて、ファッションに関する情報を随時シェアしています。フォローしてみては?

 

▼ファッションブロガーの私が選ぶワードローブ50選に入りました!

ファッションブロガーの私が選ぶ『スタイルを表現する50のワードローブ』
アオイ 自分のスタイルを表現するためのワードローブを50個考えてみました! この記事は設計図のようなものなので、随時更新していきます! この記事では、私の考える "私自身のための...

コメント