「ECWCS」って知ってる?寒い季節の強い味方!

ファッション定番品
スポンサーリンク

あなたはコスパ最強ジャンルであるミリタリーウェアを活用していますか?

 

ミリタリーウェアっていろんな環境に適応できなくてはならないので、最近のような寒い日にもピッタリのアイテムが多いんです。

つまり、めちゃくちゃ暖かくて安い、なおかつカッコいい洋服がミリタリーウェアには、あります。

 

今回はその中でも有名な「ECWCS(エクワックス)」と呼ばれるシリーズについて解説していきたいと思います。

 

ECWCSとは?

まずは、「ECWCS」とは何かということから触れていきましょう。

 

ECWCSは、Extended Cold Weather Clothing Systemの略で、日本語にすると拡張式寒冷地被服システムのことです。

アメリカ陸軍で1980年代に開発された保護服システムです。薄いものから厚いものまで重ね着をすることで、-50度近くまでの気温の中で活動ができるようになります。

 

つまり、薄いものから厚いものまでいろいろな洋服をセットでECWCSと呼び、それらを適切に重ね着することで過酷な環境に適応するんですね~

 

日本においては、そんな極寒にはならないので全部着こむ必要は当然ありません。

でも、良デザインが多く、それぞれの機能性も高いので最近人気です。

 

ECWCSには世代がある

実は、ECWCSは第1世代から第3世代まで世代があります。

ECWCSの商品ページにはよく、「gen3」とか書いてあります。これは、「generation 3」つまり第3世代という意味なんです。

 

ちなみに、一番流通しているのは「gen3」と呼ばれる第3世代のものです。

どの世代がどんな構成かっていうのは正直覚えなくていいと思うので割愛しますね。

世代間でアイテムにそこまでの大差はないんですけど色のラインナップが違うみたいです。(第3世代の正規品には黒がない、とか)

 

あ、ちなみに、gen3にはlevelというものが設定されていてlevel1からlevel7まであります。level1が一番薄くて、level7が一番厚いです。

代表的なアイテム

ファッションで使われるECWCSのアイテムは以下の3点しかない、といっても過言ではないと思います。他は使われないことはないかもしれないですけどまあ見ないですね。

 

level3 フリースジャケット

最近フリース系のもこもこアウターが流行していることもあって、最もメジャーな印象です。形自体もpatagonia系の形をしているので、安く済ませたい人の需要もありそう。

素材はPOLARTECのサーマルプロという高機能素材が使われているにもかかわらず、同じ素材の市販のアウターの半額程度で購入ができます。

 

デザイン上の大きな特徴は部分的なナイロン切替と、胸のベルクロ(マジックテープ)です。ナイロン切替は擦れやすい部分の補強のために、胸のベルクロは階級章を貼るためのものです。何ともミリタリーウェアらしい合理的なデザインです。

 

合理的なデザインのおかげで、デザインがあっても嘘っぽく(安っぽく)ならないのが魅力です。

 

本物っぽいものを買おうとすると15,000円程度でしょうか?

 

レプリカなら10,000円程度、POLARTECにこだわらないのであれば7,000円程度で購入できます。

正直本物にこだわる必要もないと私は思っているのでそれでもいいかもしれないですね。

 

一応、パッと見本物そうなやつを貼っておきます。

 

level5 ジャケット

ゴア素材のマウンテンパーカーと思っていただけるとわかりやすいかと思います。撥水性があり風を通さないという特徴があります。

これに関してはマウンテンパーカーの代わりに着る人が多いイメージです。価格も機能性の割には安いですしね。でも、あんまり出回ってない気がします。

level7 オーバーコート

ECWCSのlevel7はマシュマロスーツと呼ばれるものです。

 

 

親戚として、USMC(米軍海兵隊)に支給されたハッピースーツや

 

 

PCUと呼ばれる特殊部隊に支給されていたモンスターパーカと呼ばれるロングタイプもあります。

 

どれも違うものみたいなので、詳しい人の前で話すときは要注意です。(間違ってたらごめんなさい)

 

さて、ECWCSのgen3 level7は菅田将暉さんや坂口健太郎さんが着用したことで脚光を浴びたというイメージがあります。二人ともおしゃれですしね。

それがきっかけで結構今も人気みたいです。

 

素材は撥水性のあるEPICシェルという素材であったり、中綿がプリマロフトと呼ばれる高機能中綿だったりと、これまた高機能です。

東京ではオーバースペックかもですね。

 

level7も本物と偽ったレプリカが出回っているみたいなので要注意です。別にレプリカでもいいよ、という方であれば1万円ちょっとで手に入ります。

 

こっちは本物、たぶん…

 

 

こっちはレプリカです。でも安い。

 

こっちはハッピースーツ

 

こらがモンスターパーカー。デッドストックではないですが、モンスターパーカーといえばWILD THINGSなのでご紹介。

 

着こなしの方針

ECWCSの着こなしって大きく分けて2パターンに分かれると思うんです。

 

1つが、きれいなアイテムと合わせてバランスをとることで近代的に着こなす方法。

2つ目が思いっきりカジュアルに振って個性的な着こなしをする方法。

 

当然、難易度が低くておしゃれに見せやすいのは1つ目の方法です。ミリタリーアウターはオーバーサイズのものが多いのでVラインシルエットも作りやすいので難しくないと思います。

 

 

ただ、ミリタリーウェアが好きなおしゃれな人って2つ目の着こなしを楽しんでいる人も多いんですよね。これは私が教えられる内容ではない、というか自分の中のバランス感覚の問題なので、、、という感じですが。

 

もし個性的なファッションがお好きな方であれば当然2つ目の着こなし方法も挑戦していただきたいです!その場合はとにかくディティールにこだわってみてくださいね!

 

まとめ

以上が米軍の重ね着システム「ECWCS」のざっくりとした説明でした。詳しい人はもっともーっと詳しいかとは思いますが、これくらいの知識があれば十分ファッションには活用できるかと思います。

 

市販のブランドの洋服に飽きたという方や、コスパ良く暖かい洋服を手に入れたい方は是非挑戦してみてください!

 

では!

コメント