極暖!ECWCS Level7 ハッピースーツを買ってみた!コーディネートのコツも教えます!

ファッション定番品
スポンサーリンク

こんにちは、アオイ(@aoi_fashion99)です。

もう年も明けてしばらく経ちましたね。もう春の支度を進めている人も多いかと思います。でも、私は買ってしまいました。

極暖アウターを(笑)

だって、寒いんだもの。朝晩は特に冷えるから、何でもない日には機能的な楽ちんアウターが欲しかったんです。安い奴で。

そしたら、見つけちゃったんですよね~!

それが、ECWCS Level7 ハッピースーツ!(のレプリカ)

 

いや~、気になってはいたんですけど、本物は高いしな~と思っていたら見つけちゃいました。今回は、このハッピースーツのレプリカがいい感じだったので、商品紹介とレビューをシェアハピを兼ねてしていきます!

 

ハッピーススーツ?ECWCS gen3 Level7とは違うの?

まずはハッピースーツってなんぞや、というところからお話しなくてはなりません。

たしか、ハッピースーツだかマシュマロスーツだかを菅田将暉さんや坂口健太郎さんが着ていて話題になりましたよね。それで知っている人はいるかもしれませんね。

詳しいことはこの記事↓に書いたんですけど、簡単に説明しますね。

 

簡単にいうと、米軍の防寒用重ね着システム(ECWCS)っていうのがありまして、それが薄い方から厚い方にかけてLEVEL1~7まであるんですよね。その最終防寒アウター(Level7)にあたるものが今回購入したハッピースーツと呼ばれるものです。

実は、ECWCSみたいな重ね着システムは米軍の部隊ごとにあって、アメリカの陸軍ならECWCS GEN3 LEVEL7(マシュマロスーツ)、アメリカ海兵隊であればハッピースーツ、アメリカ軍特殊部隊であればPCU LEVEL7と呼ばれています。

厳密にはどれも違うものですが、着る分にはそんなに大した変わりはありません。正直、ハッピースーツがECWCSと呼ばれているかも良くわからん。笑

まあ、分かりやすさのために、ということで…

細かな違いは軍モノマニアの方の方が詳しいはずなので、そこまで詳しく触れません。ただ、軍モノマニアの方以外には、ECWCS GEN3 LEVEL7とハッピースーツに関してはほぼ一緒くたにされることの方が多いです。

 

一応、ECWCS GEN3 LEVEL7とハッピースーツの違いを大ざっぱに言うならば、

・カラーラインナップ:本物のハッピースーツはコヨーテしかない
・フロントジップ:ハッピースーツはシングルジップ、ECWCS GEN3 LEVEL7はダブルジップ
・着丈:ハッピースーツは後ろの着丈だけ少し長い、ECWCS GEN3 LEVEL7は同じ

くらいでしょうか?私もめっちゃ詳しいわけではないので、参考までに。

では、これらを踏まえて購入したものを見ていきましょう!

 

ディテールは?

前置きが長くなりましたが、これから見ていきます。購入したのはレプリカなので、本物のハッピースーツとの違いも触れていきます。

 

全体はこんな感じ

全体はこんな感じです。光の都合で色がぶれますがご了承ください…

今回、購入したのがフォリッジグリーンと呼ばれる色です。早速本物との違いですね。フォリッジグリーンはECWCS GEN3 LEVEL7のカラーで、ハッピースーツには本来存在しない色です。これもレプリカだからこそですよね~。この色だとハッピースーツぽくないですが、着丈はハッピースーツらしく後ろが長め。

で、フォリッジグリーンも良くあるものよりも暗めの色合いですね。いわゆるカーキグリーンみたいな色です。再現度でいったら低いのかもしれないけど、正直これくらいの色の方が使いやすいです。

生地は一般的なナイロンって感じです。本物はEPICシェルっていう水を弾くような素材でできているんですけど、さすがにこれは違いそうです。まあ別にいらないかな?

外観の特徴的なディテールとしてあげられるのは肘部分が丈夫な生地で当て布されていることです。

素材感的にはナイロンのリュックサックみたいな素材。色はミリタリーシャツみたいなグリーンです。ミニマルなのにデザイン性があるのってミリタリーのいいところですよね!

 

ジップは?

ジップはYKK製です。通常使用には問題ない開閉のスムーズさで文句なし。

フロントジップ部分にはフラップがついていて、風の侵入を多少防ぐとともに、ジップが肌に触れるのを防いでくれます。優しい。

ちなみに、サイドポケットにもジップ付きです。

中にはドローコードが入ってました。これで裾を絞ることができます。

 

実はフードが収納されている

背面に移ります。ハッピースーツってスタンドカラーのジャケットみたいな見た目なんですけど、実はスタンドカラー部分にフードが収納されています。正直街着として使用した時の使用場面は不明です。しまっておきましょう。笑

↓こんな感じ↓

 

袖には調整可能なベルクロ

袖にはベルクロがついていて袖口を調整できます。個人的にベルクロのメタリックな色が好きです。ちなみに、私はベルクロをゆるめにする派です。

 

内側はこんな感じ

はい、こっちは内側です。今見たらめっちゃぶれてますね、あと色が変…笑

全体がツルツルしたナイロンで、メッシュポケットが2つついてますね~。私はあんまり使う場面が分からないです。カイロ入れるとか?笑

 

レプリカでもそれっぽいタグがついてる

背中部分にはタグが縫い付けられています。見てみましょう。

たぶんこれもハッピースーツのタグっぽくできてます。てか、MSMじゃなくてNSNじゃないのかなあ?誤植?ちなみに、ここに書いてある番号を検索しても何も出てこないんで、適当な番号みたいですね。

中綿はデュポンのsorona

左側にはDUPONT(デュポン)というタグ?と洗濯表示のタグがついていました。

本来のハッピースーツは中綿にPRIMALOFT(プリマロフト)という軍向けに作られた機能性中綿が入っているんですけど、これはその代わりにデュポン社製の機能性中綿sorona(ソロナ)が入っていました。

 

ちなみにsoronaの説明にはこんなことが書いてありました。

環境に優しくて、特許技術(優れた圧縮と戻り)で、滑らかなさわり心地(軽くて通気性があって暖かい)らしいです。やるじゃん!

正直PRIMALOFTの方が暖かいんでしょうけど、PRIMALOFTを使ったハッピースーツって本物レプリカ問わず結構するんですよね~。そう考えると及第点でしょう。値段も本家の3分の1くらいですし。デュポンも名門素材メーカーですから安心です。

ちなみに、デュポンのタグは中綿のsoronaにつけたものでしょうから、シェル(外側)はデュポン製ではないと思います。soronaはポリエステルなのに対して、シェルはナイロンですし。

 

洗濯表示も見てみた

一応洗濯表示も見てみましょう。

ちゃんと洗濯できるみたいですね。これは嬉しい。ダウン系はどうしてもクリーニングに持っていくしかないですが、中綿系は家で洗えるので楽ですね。

ディテール的にはこんなもんでしょうか?

 

実際に着てみてどうだった?

実際に着てみました。なんなら、寒い日の早朝にも着ました。何回も着ました。

めっちゃ暖かいやん…

はい、舐めてましたね。こんな暖かいんですね。ハッピースーツ(のレプリカ)。普段コートしか着てなかったので余計そう感じました。

全然soronaで問題ないです。たぶん普通のダウンくらいには暖かいです。寒い地域以外は十分です。東京では十分でした。ハッピースーツと薄手のタートルネックニットとヒートテックでいけます。

ただ、首元は守らないと寒いですね。当たり前か。笑

 

余談ですが、以前購入したECWCS GEN3 LEVEL3のフリースジャケットと合わせてみたら異常な暖かさでした。こりゃ-40℃耐えられるとか言いますわ。

 

サイズ感

私は172cmのやせ形でM-Regularを購入しました。

本物であれば明らかにオーバーサイズなんですけど、これ(YMCLKY製)は気持ちゆったりくらいのサイズ感でした。一般的な洋服とそんなに変わらないサイズ感です。

 

気になったこと

個人的には結構満足していて、気になることも少ないんですけど1点だけ。

前を開けてきたときに内側のメッシュポケットがチラ見えすること。着方を気を付ければ見えないのでいいんですけど、地味に気になっちゃいました。

 

どうコーディネートする?おすすめは?

結構合わせるものを選ぶアイテムではあるんですけど、コツをつかめば案外合わせやすいです。

まず守るべきなのは、カーゴパンツのような、あからさまなミリタリーアイテムは混ぜないこと。シンプルなミリタリーコスになっちゃいます。ジャーマントレーナーくらいクリーンな印象のものであればまあ大丈夫でしょう。

で、個人的に簡単だな、と思った合わせ方があります。ハイゲージニットをタックインする合わせ方。かなり様に見せやすいです。色は黒でいいと思います。タートルネックだと防寒性もあって良し。

なんでハイゲージのニットをタックインすると様に見せやすいのか。理由を2つ挙げます。

1つ目はハイゲージニットの上品な印象がハッピースーツのカジュアルな印象とのバランスをとってくれるから。ハッピースーツって、カジュアルに振りきるとおしゃれに見せるのが難しいです。よほど雰囲気があるなら別ですが。で、バランスをとるために、上品な印象のものと合わせるわけです。あとは、タックインしやすいからという理由も大きいです。笑

 

2つ目の理由が一番重要です。ハッピースーツを羽織ってタックインをするとスタイルを良く見せやすいからです。ハッピースーツはインナーをタックインさえしてしまえばどうとでもなります。

というのも、シルエットがゆったり目のショート丈なので腰が隠れます。その状態でタックインをすることで脚が長く見えるんですよね。更に、タックインをすることで視覚的にシルエットがV(or O)ラインシルエットに近づきます。このように、シルエットを整えてあげることである程度おしゃれに見せてあげることができます。

あ、タックインするときは股上深めのゆったり目のパンツがおすすめですよ。

詳しいことはこの辺を読むと分かります。

 

実際にハッピースーツを購入するならどれ?

これまで、ハッピースーツのディテールに細かく触れながら紹介してきましたが、実際に買うならどれが良いか、という話をします。

最初に結論をいうならば、あなたの好みです。笑

もしもあなたが本物にこだわりたいのであれば、デッドストックの購入をおすすめします。ただ、価格は高い(4万円くらい)ですし、偽物も多く出回っています。更に、長く保管されていたが故のシワがあったりします。デッドストックを買うのは正直趣味の領域な気はします。

一応、WILDTHINGSの海外通販で本物が買えたんじゃないかな、と思います。ご参考までに。
※どれが本物か保証できないので、リンクは控えさせていただきます…

特にこだわりがなくて、暖かいアウターが欲しい方や、ECWCS LEVEL7やハッピースーツっぽいアウターが欲しい方はレプリカを購入するのがおすすめです。レプリカだと割り切ってしまえばかなりお買い得です。色やサイズなんかもレプリカの方が多くの種類の展開があるので、お好みで選ぶことができます。

大体1万円~くらいで手に入ります。私が購入したのはYMCLKY製のものです。他にもいくつかあるのでお好みで。そういえば、YMCLKYのレプリカのアウターって某ファッションYouTuberの方が購入してましたよね。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか!結構長くなってしまいましたが、ECWCS LEVEL7のアウター、通称ハッピースーツの紹介とレビューでした!

機能性も申し分ないですし、今のトレンドともマッチしているアウターです。次の秋冬にも着ることができると思いますので、今のうちに買って一番寒い時期を乗り切るのもおすすめです!

ちなみに、YMCLKYにはモンスターパーカーやECWCS GEN3 LEVEL3のフリースも用意がありましたよ!

 

▼私の Twitterではブログの更新情報に加えて、ファッションに関する情報を随時シェアしています。フォローしてみては?

 

コメント