UNIQLOのニットのおすすめランキング!サイズの選び方含め教えます!(エクストラファインメリノ編)

ファッション定番品
スポンサーリンク

あなたはUNIQLOのニット、活用できていますか?

 

UNIQLOのニットは名作揃いです。でもいろいろな種類があって何を選べばいいかわからない方も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は、UNIQLOのニットの中でも特に名作である“エクストラファインメリノシリーズ”にフォーカスをあててランキング形式で紹介したいと思います!

(レギュラーでは6型くらいしか展開はありませんが)

 

え?幅を狭めすぎじゃないかって?

 

そんなことありません。

 

UNIQLOのニットはエクストラファインメリノさえ覚えておけばいいといっても過言ではありません。

もちろん、ほかのニットも名作は多いのですが、エクストラファインメリノはその中でもずば抜けていると思います。定番展開されていて買いやすいですしね。

UNIQLOの名作ニット、エクストラファインメリノシリーズの魅力についてはコチラの記事で語っています!

 

 

さて、そんな魅力たっぷりのエクストラファインメリノシリーズ6型の中から特におすすめな3型をピックアップしましたのでご参考にしてください!

 

それではいってみましょう!

 

第3位:エクストラファインメリノクルーネックセーター(長袖)

第3位はクルーネックのニットです。一番ベーシックなものですね。

 

https://www.uniqlo.com/

 

このクルーネックのニットの魅力は何と言っても使い勝手の良さ!

かなりオールラウンダーです。

 

ニット生地ではあるものの、薄手なのでカトッソー感覚で使うことができます。

その上、ツヤのある生地感で首も開きすぎていないため、適当に着てもだらしない印象にはなりづらいです。パッと着てもサマになると思います。

 

普段楽な服装をしたいという方にはピッタリなのではないでしょうか?

 

ちなみに、私はシャツと合わせたりするよりも、カットソー的な使い方が多いです。

 

第2位:エクストラファインメリノニットポロシャツ(長袖)

第2位はニットポロシャツです。

 

https://www.uniqlo.com/

 

知らない方もいるんじゃないですかね?

というのも、UNIQLOのニットポロシャツはネットショッピング限定商品です。店舗では販売していません。

 

さて、そんなニットポロシャツですが、魅力は被りづらさと高見えする点です!

 

ポロシャツといえば、夏の洋服。長袖のポロシャツはおじさんくさい。

そんなイメージを払しょくしてくれるのがこのニットです!

 

 

一般的なポロシャツは鹿の子生地と呼ばれるスポーツライクな生地を使っているためカジュアルに見えすぎる、もしくはおじさんぽく見えがちです。

でも、これは大丈夫。エクストラファインメリノを使った、上品な印象を与えるニット生地ということでカジュアルに見えすぎることがありません。

その上でうまくおじさん臭さを消してくれています。

 

 

そんな上品なニットポロシャツですが、あまり市場に出回ってはいません。これに似たもの、これよりもいいものを探そうと思ったらジョンスメドレーに頼るくらいしかないと思います。

だからこそ同じようなアイテムをもっている人は少なく、被りづらいのですが。

 

 

ちなみに色ですが、おすすめは断然黒です。

後述しますが、UNIQLOのボタンは少々安っぽいのでそれが目立たない色を選ぶというのが失敗しないコツです。

 

 

第1位:エクストラファインメリノタートルネックセーター(長袖)

栄えある第1位はタートルネックニットです!これはもう鉄板中の鉄板でしょう!

 

https://www.uniqlo.com/

 

そんなタートルネックニットの魅力ですが、圧倒的な使い勝手(秋冬に限る)です!

クルーネックニットも使い勝手が良いんですけど、より寒い時期にはタートルネックの方が捗ります。

 

コチラのタートルネックニットはかなり薄手です。冬場は1枚では頼りないかもしれません。確かに、1枚で着るには寒いです。

 

でも、このタートルネックニットはインナーに使うことで本領を発揮します。

 

圧倒的にレイヤードしやすいんです。ジャケットやコートのインナーにも、トレーナーやニットのインナーにも、なんならシャツのインナーにだって使えます。

薄さを逆手に取ったわけですね。

 

そして、そのようなタートルネックの使い方は今の気分にかなり合っています。それだけで今っぽい着こなしに見えると思います。

 

ここまでがファッション的な観点から見た魅力なんですけど、機能的に見た魅力ももちろんあります。

 

まず、温かいこと。首回りがぴったりしていることとウール100%の生地により保温性がかなり高いです。インナーとしてみるならば十二分です。

 

そして、タートルネックカットソーよりも伸びづらいことです。これも地味にうれしいポイント。

 

タートルネックのカットソーをレイヤードしてもいいんですけど、何度も着用するとすぐダルダルになってだらしなく見えてしまうんですね。これはカットソーに伸縮性があまりないためです。

 

一方、ニット生地はカットソー生地よりも伸縮性があり、伸びてきても洗濯したりスチームを当てることである程度復活します。

 

カットソーと変わらないような値段なので選びやすいのも魅力です。

 

とまあ、魅力を語るのはこれくらいにしておきます。キリがないので…笑

 

ということで、第1位はタートルネックニットでした!

 

 

他のはだめなの?

ここまでのランキングで出ていないのが、Vネックの長袖とベスト、それとカーディガンです。

これらも全然ダメじゃないです。もちろん。

でも、ベスト3のものと比べるとどうしても見劣りしてしまいます。

 

 

Vネックの2型はカジュアルに使うのが少し難しいです。

 

https://www.uniqlo.com/

 

https://www.uniqlo.com/

 

Vネックのトレンドも、ベストのトレンドも来てはいます。

しかし、どちらも主流はカジュアルなものです。Vネックのものはミドルゲージやローゲージのチルデンニットのようなものが主流で、ベストもクルーネックで厚手の生地のものが多いです。

 

要するに、エクストラファインメリノのハイゲージニットは、Vネックで着るにはきれいすぎるんですよね。

 

だから、カジュアルに落とし込むのが少し難易度が高い、という印象です。

 

 

カーディガンはボタンが目立ちすぎてせっかくの上品さを薄めているように思います。UNIQLOのボタンって安っぽくて悪目立ちします。

 

https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/409172-65#thumbnailSelect

 

ポロシャツくらいであれば色を考慮すればいいですが、カーディガンくらいボタンが多くなってしまうとちょっと誤魔化しきれないかな、と思います。

 

もし安っぽく見せたくないのであればボタンを交換してしまうのが手っ取り早いです。それだけで高そうなニットに早変わりです。ほんとに。

 

サイズの選び方と注意点

最後に、UNIQLOのエクストラファインメリノシリーズを最大限有効活用するための注意点についてお話しします。

 

まずサイズですが、基本的に小さめのサイズ感だと思ってください。

 

このニットをピタピタで着るのはお勧めできません。生地こそ高級感がありますが、カッティングなんかは結局UNIQLOです。

 

幸い生地に落ち感があるため、ある程度ゆとりのあるサイズを選んでシルエットを誤魔化しましょう。

 

極端に大きいものを選ぶ必要はありませんが、1サイズから2サイズくらいアップするとちょうどいい塩梅なのではないでしょうか。

もっとオーバーサイズに着たいという方も、4XLまでサイズがあるので安心です。そこまで大きくする方はあまりいないかもしれませんが参考までに。

 

 

そして最後の注意点が色です。

 

何度か言っていますが、UNIQLOのエクストラファインメリノシリーズは薄手の生地です。薄い色を選ぶと透けます。ピッタリのサイズを選べばなおさらです。

 

基本的に、濃い色を選ぶのが無難です。透けないですし、生地特有の光沢感も強く表れます。

 

もし、薄い色(白とか)を着る場合、上に何か重ね着するか透けにくいインナーを選ぶようにしましょう。

 

基本はベージュのインナーがいいかなと思います。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

私の大好きなUNIQLOのエクストラファインメリノシリーズのおすすめランキングでした!

このシリーズは毎年展開されており、かなり使い勝手がいい上に低価格なのでぜひ試していただきたいです!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント