冬っぽい!コーデュロイ着ようぜ!おすすめアイテムも紹介!

おしゃれのノウハウ
スポンサーリンク

季節感、気にしてる?

 

もうすっかり秋ですね。(もう冬?)

 

秋といえばコーデュロイの秋!私は秋になるとコーデュロイが着たくなります。

 

というわけで、私がコーデュロイ推進部隊としてコーデュロイの魅力についてお話しします。

 

コーデュロイって何?

説明しよう!コーデュロイとは綿横ビロード織のパイル織物の一種のことである!

 

 

さっぱりですか?私もさっぱりです。笑

 

 

これを簡単にいうと、べロア(厳密にはベルベットですが)の仲間ってことです。光沢感がちょっと親戚感ありますね。

 

で、ベロアとの見た目でどこが違うのっていうと、縦線(畝っていいます)が入っていることです。

 

これがベルベットで、

 

これがコーデュロイです。

 

畝?なにそれ?コーデュロイ生地の特徴

先ほど、畝っていいました。読み方は“うね”です。たぶん知ってるだけでドヤ顔できます。

 

たぶん、畑の畝と似てるからそう呼ばれるんだと思います。たぶん。

 

ここではコーデュロイの特徴についてお話しします。

 

コーデュロイの特徴は光沢感と温かみ、畝によるストライプです。

 

触れたように、ベロアの仲間であるため、上品な光沢感を持ちながら、温かい印象を与えるというハイブリッドなアイテムです。

 

また、縦畝によって縦のラインが強調されるため、脚長効果もわずかながらあるかと思います。

 

 

機能的な特徴については、保温性があります。

 

 

あと男性にとってうれしいのが比較的イージーケアなアイテムであるということです。洗濯ができ、しわが目立ちません。

 

 

あと、コーデュロイ生地には太畝(ふとうね)と細畝(ほそうね)というように、畝の太さがあります。

 

傾向としては、太畝のコーデュロイの方がカジュアルなアイテムに使われる印象、細畝のコーデュロイの方がドレッシーなアイテムに使われる印象です。太畝のコーデュロイはパンツに使われることが多いですね。

 

ちなみに、細畝の方が主張が抑えられているのでどのアイテムにも合わせやすいです。太畝の方が温かみはあるのでお好みでどうぞ。

 

春夏は着ちゃダメ?

ダメじゃないです。

 

一応、サマーコーデュロイと呼ばれる素材があります。薄手で細畝なのが特徴です。昔のサーファーなんかも使っていたといわれています。

 

ただ、たいていの人にとってコーデュロイは秋冬の素材というイメージですので、ショーツのような夏っぽいアイテムに使うのがおすすめです。

 

どのアイテムに使われているの?

大体何にでも使われているよ。

 

はい。織物で作られるアイテムであれば大体何にでも使われています。

 

アウターやパンツ、シャツはもちろん、帽子やバッグ、靴にも使われているのを見たことがあります。

 

全身コーデュロイ人間も夢じゃありません。

 

おすすめのアイテムは?

私のおすすめはズバリ、コートorセットアップです。

 

 

それはなぜかというと、

コーデュロイが体型を隠すことができる素材だから

です。

 

 

一般的に、コートやセットアップに使われる素材はウールのような落ち感のある生地です。

 

落ち感のある生地はきれいなのですが、ありのままの体型が出てしまうことがしばしばです。安いものは特に。

 

そこで、ウール生地よりは硬さがあるコーデュロイ生地の出番です。

コーデュロイ生地の硬さがありのままの体型がさらされることを防いでくれます。ありがとう、コーデュロイ!

 

あと、もう1つ利点があります。安いものでも、安っぽさが比較的出づらいです。もちろん高いものと比較してしまったらわかりますけどね。ウール生地ほど顕著ではないです。

 

ですので、GUやUNIQLOの製品もガンガン活用してみるのもいいんじゃないでしょうか!

GUなんかはパンツやセットアップもたくさん出してるイメージです。

 

コーデュロイを活用して秋冬を乗り切ろう!

いかがだったでしょうか?今回は秋冬の代表素材、コーデュロイについてでした。

 

値段もお手頃で簡単に季節感を出すことができるので、ぜひ活用してみてください!

 

では!

コメント