色の特性を知ってコーディネートを組もう!カラーコーディネート応用編!

おしゃれのノウハウ
スポンサーリンク

 

色、活用してる?

 

以前の基本編に続き、カラーコーディネートの理論についてです。

 

 

今回は色の持つ特性をより深く知ってもらい、コーディネートに役立てていただこう、という趣旨です。

 

※初心者がおしゃれになるための手順を知りたい方はコチラから。

ファッション初心者がおしゃれになるための方法を完全解説します。
この記事では、あなたがおしゃれになるための方法を道筋を立てて完全に解説をします。あなたがこれらのコンテンツを実践できたのであれば、ファッション初心者であっても間違いなくおしゃれになっています。

 

太って見える?やせて見える?膨張色、収縮色について

あなたは膨張色、収縮色という言葉を聞いたことがありますか?

 

膨張色、収縮色とはその名の通り、膨らんで見える色、引き締まって見える色のことです。主に暖色や白に近い色は膨張色、寒色や黒に近い色は収縮色と呼ばれています。

 

以下の例をご覧ください。黒い服を着ている方は引き締まって見え、白い服を着ている方は太って見えるはずです。

http://www.sipec-square.net/

 

これをコーディネートに応用しない手はありません。

 

そう、シルエット構築に役立つんです。

 

 

例えばIラインを構築するという例を考えてみましょう。

 

Iラインはトップス、ボトムスともに細いというシルエットです。

 

でも、Iラインのトップスでピチピチ感をだしてしまうと変態ぽくなります。

 

ではどうするか、収縮色を使うんです。

 

そうすることでピチピチ感を出さずに細身に見えるシルエットを構築することが可能です。

 

この考え方はかなり使えると思います。

 

同じ考え方でYラインを構築してみましょう。

考えてみてください。トップスはどんな色、ボトムスはどんな色が良いでしょうか?

 

 

 

考えてみましたか?

 

 

 

そうです。トップスは大きく見せたいので膨張色を、ボトムスは引き締めて見せたいので収縮色を使います。

なんとなくわかってきたんじゃないでしょうか?

この感覚は慣れると何も考えずに応用できるようになると思います。

色に重さがある?コーディネートへの応用

実は色彩心理学では色に重さがあるといわれています。

 

人間は明るい色ほど軽く感じ、重い色ほど重く感じるという性質を持っています。

 

身近な例でいえば引越しの段ボールって白いですよね。これは白い段ボールの方が黒い段ボールよりも軽く感じるかららしいですよ。

 

ファッションでいうなら、全身真っ黒な服装をしていたら重たいって言われますよね。そういうことです。

 

で、なんで色の重力の話をしたかというと、これがファッションにも応用できるからです。

先に結論だけ言うと、重たい色は下に、軽い色は上に配置すると自然に見えやすいです。

 

もちろん下に明るい色を配置してはいけない、ということをいっているわけではありません。

あくまで自然に見えやすい、というだけです。

 

証拠に、トップスにおける白の普及率と、ボトムスにおける白の普及率を比べてみてください。トップスは半々くらいとしても、ボトムスは黒が圧倒的に多いですよね。

 

というわけで、コーディネートが心配な方はボトムスを暗い色、トップスを明るい色にしてみてはいかがでしょうか?

 

ただ、アウターに関しては話がちょっと違ってくるのでご注意ください。。。

アウターは面積が大きいため明るい色をもってくると実際の面積以上に膨張して見えて不自然に見えがちなので。
アウターを着る場合は、アウターは暗い色、トップスを明るい色、ボトムスを暗い色にするくらいがちょうどいいかもです。

 

以下、さらに応用編です。

人間は、重い色が下にあるのが自然に感じやすいといいましたが、裏を返せば明るい色が下にあると不自然に感じる(面積以上に主張を感じる)ということでもあります。

 

これを利用してみましょう。

 

例えば、トップスとボトムスに黒を着るとしましょう。

 

このままだとかなり重たいコーディネートなのですが、靴を白いスニーカーにしてみてください。

 

靴なんて微々たる面積ですが、コーディネートに軽さがプラスされてこなれて見えるはずです。

 

これは一例ですがぜひ取り入れてみてください。

まとめ

以上、カラーコーディネート応用編をお送りしました。

 

こんなこと知ってるよという方もいれば目からウロコの人もいるんじゃないかと思います。

 

以下が今回のまとめです。

 

・暖色や白に近い色は膨張色といわれ、実際の面積よりも膨らんで見える。逆に、寒色や黒に近い色は収縮色といわれ実際の面積よりもコンパクトに見える。

・暗い色は重く感じ、明るい色は軽く感じる。コーディネートにおいては、重い色を下に配置したほうが違和感を感じにくい

 

このことを今日から活用してコーディネートを組んでみてください!

 

今度またカラーコーディネートの小技編をお送りしようと思います!

 

ではでは!

 

※初心者が0からおしゃれになる方法は以下の記事でまとめています。

ファッション初心者がおしゃれになるための方法を完全解説します。
この記事では、あなたがおしゃれになるための方法を道筋を立てて完全に解説をします。あなたがこれらのコンテンツを実践できたのであれば、ファッション初心者であっても間違いなくおしゃれになっています。

コメント